モンタビスタについて

モンタビスタソフトウェアは、組込み機器向け商用Linuxのリーダーです。

オープンソースに商用Linuxの品質を提供し、お客様が最終製品の投入にあたり必要とされる時間と労力を削減いたします。

サポート業務におけるの専門家としての経験値、ハードウェアへの実装、そしてコミュニティにおけるモンタビスタの立ち位置をご覧いただければ、5,000万台以上の機器にモンタビスタLinuxが搭載されているか、その理由をお分かりいただけると思います。

History

モンタビスタソフトウエア社は、Linuxオペレーティングシステムの組込み機器市場への展開を目指し、1999年に設立されました。
設立当初より、完全なオープン・ソースであることが我々のゴールでもありました。
最初の商用Linuxベースの組込み機器を1999年に投入以来、我々は将来を見続けています。
今日では、2,000を超えるお客様にモンタビスタを信頼いただき、弊社のLinuxがその機器上で動作しています。

  • 1999年 – MontaVista Software 設立
  • 1999年 – Preemptible Kernel リリース
  • 2000年 – Hard Hat Linux introduced
  • 2002年 – Carrier Grade Edition を発表
  • 2002年 – Pro Edition を発表
  • 2003年 – Consumer Electronics Edition を発表
  • 2003年 – Power Management 機能拡張
  • 2004年 – DevRocket IDE 投入
  • 2005年 – Mobilinux 発表
  • 2007年 – 5.件の product releases
  • 2008年 – NEC発表-MV Carrier Grade Linux を利用して99.9999%の稼働率を実現
  • 2009年 – MontaVista Linux 6 を発表
  • 2009年 – 1秒での高速起動を実現
  • 2009年 – Cavium社傘下へ
  • 2010年 – ソフトウェアによる仮想化戦略を発表
  • 2011年 – ベアメタルに対し、99% のパフォーマンスをLinux上で実現
  • 2012年 – Deterministic KVM を投入
  • 2013年 – CGE7 発表
  • 2014年 – CGE7 により ARMv8 をサポート
  • 2015年 – Carrier Grade eXpress (CGX) Linux platform 発表
  • 2016年 – CGE7 and CGX EAL4+ Certification ready

モンタビスタソフトウエアは、Cavium, Inc. (NASDAQ: CAVM)の100%子会社です。

MontaVista's open source leadership

Linux is an open source platform. A Linux software provider who is not heavily involved in the open source community can’t meet your needs. Not all companies are committed full-time to Linux. Their main business may be processors or proprietary software, and they only provide Linux to power their other products. MontaVista is committed to supporting Linux and the open source community. We have the Linux expertise you require, and know how to effectively work within the open source community.

No embedded software company has done more to lead the open source community than MontaVista:

  • A consistent top 20 contributor to the mainline Linux kernel for several years in a row
  • Has contributed more lines of source code to the Linux kernel than all other embedded Linux companies combined
  • Active contributor or maintainer of key areas of Linux inside and outside the kernel, plus other kernel trees and communities
  • Member, sponsor, co-founder, director, board member, or chair of more than 20 open source organizations

MontaVista has also spun-off independent open-source projects based on a number of its features, including dynamic power management, high-resolution POSIX timers, the pramfs file system, and the openais implementation of the SA Forum's Application Interface Specification.

We help you get the most out of open source

Embedded Linux is the most-often-selected software platform for developing new devices. MontaVista's mission is to help device designers and embedded application developers get the most out of Linux and other open source software. By doing so, we help you get to market more quickly, create the features you need to be competitive, and significantly reduce your overall project costs. Find out more about our commitment to open source here.

At MontaVista, we enable, maintain, and support your Linux platform so you don’t have to. Our customers focus on core competencies and deliver products faster to the market.